翻訳

AD-1について 【アッシュアームズ☆3オススメ】


 皆さんこんにちは、ヘルニアです。

 今回はリセマラ即終了級のキャラともいえる、AD-1についてご紹介していきたいと思います。

 別記事でも書きましたが、AD-1は僕の一番のオススメ。やはり扱いやすさが輝くキャラなんですが、その魅力について、しっかりとご紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク




対地・対空両方可能な万能キャラ

※上記は記事作成段階での、私のAD-4です。(機体改造は半分程度終了)

 AD-1の恐ろしいところは、対地・対空両方できる軽攻撃機であることがまず挙げられます。

 特に序盤から運用してきた私としては、☆1・2の戦闘機や戦車のダメージを高く越え、大ダメージを与えてくれたのがとても好印象です。

 中盤に入ってからも、その高いステータスで安定した強さを見せてくれます。

 その証拠というわけではありませんが、僕はあえてAD-4を☆4に性能突破させないままでとってあります。
 
 これはコスト的な意味など、様々な理由があるんですが、一番はB面でも(☆3のまま)安定した強さを発揮してくれるからです。

 要は無理に性能突破せず、機体改造だけでも安定した強さを引き出してくれるということ。

 それだけ信頼と安定性に優れた、質の良いキャラクターだと考えています。

(詳しいことはまた下で説明)

●各種技に関して簡単に


【近接支援型】

低空形態 降下援護 低空巡行 全弾発射
高空形態 援護射撃 急降下射撃 全弾発射

※()はAP・CPの消費量。

降下射撃(1):地上の敵を攻撃。捕捉済みな場合強力に(1マス)
低空巡行(1・1):対地に一回迎撃。(0~1マス)
全弾発射(2・5):地上に強力な攻撃をする。使用後2ターン火力ダウン(1マス)


援護射撃(1・3):敵を攻撃。捕捉済みな場合強力に。使用後低空形態に移る。(2マス)
急降下射撃(1・3):射程内の敵に一度迎撃。使用後低空形態に(1~2マス)

説明:地上の迎撃に特化した近接支援型

 その代わりの弱点として、対空能力がなくなっていることが特徴です。

 地上の戦力が多い場合(3-A面等)は、こちらを使っていくとスムーズかもしれません。

【対地型】

低空形態 急降下射撃 制圧降下射撃 全弾発射
高空形態 航空射撃 巡行反撃 対地掃討 全弾発射

急降下射撃(1):敵陸上ユニットへ攻撃(1マス)
制圧降下射撃(1・5):対地攻撃。命中と脅威度をダウンさせる(1マス)
全弾発射(2・5):対地に強力な攻撃を行う。使用後2ターン火力ダウン(1マス)

航空射撃(1):航空ユニットへ攻撃(1マス)
巡行反撃(1・3):範囲内の敵の攻撃に対し反撃(1~2マス)
対地掃討(1・3):対地攻撃後、低空形態へ(2マス)

説明:対空能力を持つ、陸空両方と張り合える型

 こちらの方が近接支援と比べ、両方の敵に対応できるので、扱いやすいです。(オススメ)

 なお、全弾発射は強力な対地攻撃ですが、使用後は火力がダウンするので「どうしても敵を仕留めたい!」「最後のとどめを確実に!」といった場合に使用するのが無難です。

 以上をまとめますと。

オススメなのは使いやすい対地型

 ただ地上への迎撃が使える近接支援も、ボス戦などでは戦い方の一つとなってきますので(2A-10等)、全く使えないという事はないです】

●使用可能な装備。及び解放されるスキルについて

【使用可能スキル】

 ・爆弾満載「自身の攻撃時、一定の確率で火力と貫通をアップ(その攻撃の身)」
  →解放条件:☆4から使用可能。☆5でスキルレベルMaxとなる。

 ・完全武装群「自身の小隊残存数2(形態切り替え後は『5』)以上の場合、自身の火力をアップ」
  →解放条件:AD-1/AD-4、別で機体改造により解放・強化が可能。

 

【使用可能武器(名称が長すぎて切れてるので、略称+(スキル)で記載)】

AN/M2機関(S:密集) AN/M2機関(S:中型)
反応:77(81) 反応:77(81)
対地火力:158(242) 対地火力:166(255)
対空火力:92(147) 対空火力:92(147)
貫通:53(85) 貫通:53(85)
命中:41(57) 命中:38(54)
スキル:密集搭載 スキル:中型特効(陸)


※もしかしたら形態切り替え前と後で武器の名称が少し違うかも。
 (既に武器開放してしまって確認できない。スマヌ)

 いつも通り()は形態切り替え後のAD-4装備時の能力値。

密集搭載:攻撃対象が軽型の場合かい、自身の会心補正をアップ。
中型特効(空):中型ユニットに対して対空火力を小アップ。

 

【使用可能装備】

AD-1 AD-1Q AD-2 AD-2Q
耐久値:154 耐久値:146 耐久値:236 耐久値:224
機動:59 機動:56 機動:83 機動:79
装甲値:52 装甲値:52 装甲値:87 装甲値:87
  S:電子妨害   S:電子妨害

※AD-1は前者二つ。AD-4は後者二つを装備可能。

 

【使用可能な弾種(AD-1では弾種変更不可)

改良型榴弾 改良型焼夷弾
対地火力:-36(-61) 対地火力:-61
対空火力:-20(-35)

対空火力:-35

弾種ダメージ:75(128) 弾種ダメージ:128
会心率:15 会心率:17
幸運:23(37) 幸運:37
命中:41(57) 命中:57

 

 

 

●説明

 AD-1は初期の10連ガチャでもお勧めできる、優秀な攻撃機です。

 上記してきたとおり、対地・対空両方できるのが特徴で、序盤の☆1・2のキャラが貧弱に見えてしまうくらいの性能。

 とりわけ火力と命中精度は高く、着実に大ダメージを与えてくれる安心感があります。

 その要因の一つとして、やはりスキルが絡んでおり「爆弾満載」は一定確率で自身の火力と貫通をアップ

 「完全武装群」は自身の小隊残存数が2(形態切り替え後は5)以上の場合、火力をアップしてくれます。

 
 元々のステータスもかなり優秀な部類ですが、彼女の火力が高い背景にはスキルが組み合わされていることも理由の一つです。

 中盤においても、戦闘機とそん色ないくらい対空戦闘をこなしていきます
 (流石に攻撃手段としては戦闘機に軍配が上がりますが、対空の補助戦力としては十分すぎるほどの火力です)

 お得意の対地も、必殺技といえる全弾発射を中心に攻撃方法が豊富。型によっては2マス先の敵を攻撃したり、対地迎撃も可能です。

 残念ながら範囲攻撃はありませんが(仮にあったら爆撃機(戦闘機も)涙目)単体攻撃だけでも屈指の強さを誇りますので、様々な戦闘で攻略の助けになるでしょう。

●オススメの人格拡張

 
 ※紹介順は、あくまで個人的に思うオススメ順。



・火力制圧(紫・緑)【偵察などで入手可能】(攻撃を受けた敵ユニットの火力を下げる)
 :相手がそれなりに強い場合、火力制圧によるデバフで敵を弱めながら倒していく攻略が、有効な場合があります。
 緑円盤でただでさえ高い命中を強化し、紫で貫通を強化できるので、重装甲な敵にもより対抗していけるでしょう。
 

・暴君の剣(赤)【4A-10などで入手可能】(小隊残存数が5を上回る場合貫通と火力にバフ)


・勝利の追撃(赤)【偵察などで入手可能】(一回の攻撃で一定数敵小隊残存数を漸滅した場合、火力にバフ(重ね掛け可能))
 :手数の多いAD-1は、その火力と殲滅力から上記二つの基盤と相性が良いです。円盤の色が赤なので、会心率を上げて敵への大ダメージ機会を増やしていくことができます。

 ついでに言えば命中率も上がるので、よほどのこと(強敵)がなければもうはずすことはなくなるでしょう。

・復讐者(赤・紫)【偵察などで入手可能】(自軍ユニットが撃破された場合、火力をアップ)
 :キャラとしてエースになれる素質のある彼女ならば、復讐者を持たせて難関な面も攻略していくことができると思います。

 円盤の色が赤と紫なので、会心と重撃にたけた、爆発的なパワーを持つアタッカーに進化していきます。

まとめ

 という事で、AD-1(AD-4)について簡単に説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 AD-1は最初からおそらくB面のハードまで、強化すれば最前線で使っていけるキャラです。

 そのため、最初のリセマラでは一人の候補として名を上げるくらいのキャラで、実際使ってみた感想は「対地・対空ともに扱い易い」です。

 これは僕の感覚的推測ですが、後半の敵はⅨレべ前後(少なくともⅥレべまでは存在確認)の厳しい敵が用意されていると思うので、最強核の星三も今のうちに強化し、対策していきたいところですね。

 といったところで今回はここまで。ご一読ありがとうございました。

スポンサーリンク