翻訳

M3スチュアートに関して 【アッシュアームズ】


 皆さんこんにちは、ヘルニアです。



 今回は、☆1軽戦車のM3スチュアートについて書いていきたいと思います。


 他のキャラ等に関しましては、アシュアまとめ記事もご活用していただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

5面をスイスイ進む軽戦車

アッシュアームズ M3スチュアート

 ※上記は記事作成段階での私のM5スチュアートです。
 のち「スチュアート」と、カタカナのみの表記等で短縮させていただきます。

 
 数ある地形デバフの中で最も足を取られてしまうのが5面で、なかには移動時のAPを+2使うというものまであります。


 スチュアート含め、アメ車は密林適性持ちが多く、最もストレスとなる5面の攻略がしやすいです。


 もちろん長所はそれだけでなく、M3には軽戦車としての応用性も備わっています


 初期(ハロウィン)のイベントで情報構成体をもらっているかたもおおいので、回避盾役として育ててみても良いかもしれません。

 

※詳しいことは、また下で説明。

●各種技に関して簡単に

【前衛型】

移動形態 援護射撃 即応迎撃 白刃戦  
固守形態 戦列射撃 固守迎撃 白刃戦  


援護射撃(1):捕捉可能な通常攻撃(1マス)
即応迎撃(1・1):射程内にいる敵に対し一度迎撃(1~2マス)
白刃戦(1・8):白人攻撃(1~2マス)

戦列射撃(1):捕捉可能な通常攻撃(1マス)
固守迎撃(1・1):射程内にいる敵に対し一度迎撃(1~2マス)

 ※()内はAP・
CPの消費量です。

説明:あまり特徴的な動きはできませんが、攻防(そして捕捉)のバランスが良く、一番使い勝手が良いと思われる前衛型。

 困ったらこれを選んでおけば、全く使えないという事はありません。

 白刃もニマスなので、軽戦車ならではのAPの高さを活かして、切り込み隊長になってみても良いと思います。


【遊撃型】

移動形態 援護射撃 側位攻撃 奇襲白刃  
固守形態 火力召喚 潜伏 奇襲白刃  


援護射撃(1):捕捉可能な通常攻撃(1マス)
側位攻撃(2):攻撃した敵の命中と機動を1ターンダウン(1マス)
奇襲白刃(2・8):捕捉した敵なら射程を無視した白刃が可能(捕捉済みなら射程制限なし)

火力召喚(2・5):射程範囲全てを捕捉(1~2マス)
潜伏(2・3):自身の脅威度をダウン(0マス)

説明:捕捉と隠密に長けた、白刃で遠距離の相手を暗殺することもできる、トリッキーな遊撃型。


 偵察型に高空偵察が追加され、多少扱い易くはなりましたが、それでも軽戦車はどちらかといえば白刃に向いていない部類。

(正確には、APを使った機動白刃は得意ですが、能力値的には例えば重戦車と白刃の殴り合いは難しい


 そのため、奇襲白刃を使う機会は滅多にないと思われます。


 ただ側位攻撃はデバフがつくためボス、戦時に活躍の機会なんかがあると思います。

 


【突撃型】

 

移動形態 移動射撃 白刃乱舞 散弾射撃  
固守形態 固定射撃 白刃乱舞 散弾射撃  


移動射撃(1):通常攻撃(1マス)
白刃乱舞(2・8):射程内の敵に次々と白刃戦を仕掛ける(1マス)
散弾射撃(2・5):敵単体に対して強力な攻撃をする。相手が軽型の場合、自身の会心率をアップ(1マス)

固定射撃(1):通常攻撃(1マス)


説明:スチュアートの固有技は、単体大火力+(相手が軽型の場合)会心アップ。

 バフの付く軽型はもちろんのこと、ライフの多い敵(白刃の効かない相手)に対しても、大技的に扱っていけると思います。


 ただし、突撃型は息切れ(CP不足)を起こしやすいので、そのあたりは注意。

 

【火力型】

 

移動形態 移動射撃 警戒砲撃    
固守形態 陣地砲撃 警戒砲撃 砲撃支援  

 

移動射撃(1):通常攻撃(1マス)
警戒砲撃(1・1):射程内の敵に一度反撃(1~2マス)

陣地砲撃(2):通常攻撃。捕捉済みな相手には強力な攻撃(2~3マス)
警戒砲撃(2・1):射程内の敵に一度反撃(1~3マス)
砲撃支援(2・5):捕捉した敵に射程無視の攻撃(捕捉済みなら射程制限なし)

説明:超遠距離攻撃と、遠距離迎撃等が強みの火力型

 対ボス戦時(悪夢ノ直角等)の際は使えますが、通常面では白刃がないという弱点があり、一撃で倒せる相手がグンと減ります。


 そのため、使う時は遠距離から狙撃する方が良い。あるいは3マス迎撃といった場所が刺さる限定的な場面になるでしょう。



 以上をまとめさせていただくと、

 オススメなのは扱い易い前衛型か、固有技のある突撃型。


 火力型や遊撃型は、対ボス戦時など限定的なステージで活用してみると良いと思います。

 

 

●使用可能な装備。及び解放されるスキル

【使用可能スキル】
南軍の騎士自身の小隊残存数が3以上の場合、機動をアップ
 →解放条件:性能突破(☆3)により解放。☆5でスキルレベルMaxとなる。

前線偵察「自身のマスに存在する他ユニットの命中を中程度アップ」
 →解放条件:M3/M5の機体改造で取得、強化が可能。

緊急回避「敵軽型ユニットに攻撃された際、自身の機動を中程度アップ」
 →解放条件:M5の機体改造で取得、強化が可能。


【使用可能な武器(M3/M5)】

・武器

37mm M5 37mm T6 37mm M6 37mm自動砲2門
反応:39 反応:39 反応:45 反応:45
対地火力:111 対地火力:105 対地火力:144 対地火力:160
貫通:38 貫通:40 貫通:60 貫通:57
命中:31 命中:33 命中:42 命中:45
 

 

 

S:軽型特効(陸)

※SはスキルのS
 軽型特効(陸):軽型ユニットに対して対地火力を小アップ

※M3は前者二つ。M5は後者二つを装備可能。

 

・装備

M3 M3A1 密林戦仕様 M5

M5A1 密林戦仕様

耐久値:94 耐久値:94 耐久値:148 耐久値:148
機動:51 機動:48 機動:79 機動:75
装甲値:47 装甲値:49 装甲値:69 装甲値:73
 

S:密林適性

 

S:密林適性


 密林適性:樹海、丘陵、原始密林環境でのマイナス効果を無視する。

※M3は前者二つ。M5は後者二つを装備可能。

 

・弾種

通常弾 改良型榴弾
  対地火力:-27
  弾種ダメージ:56
会心率:15 会心率:17
幸運:16(24) 幸運:24
命中:33(45) 命中:45

 

※()はM5の能力。弾種はM5にならないと変更できません。

 

●説明


 スチュアートは軽戦車の中でもバランスに優れたキャラです。


 特筆すべきはスキルの前線偵察で、同じマスにいる味方の命中を中程度アップしてくれます。


 これにより、同じく前線にいる重戦車の命中等をアップさせて、より確実に敵を倒していくこともできます。


 また上記しましたように、密林適性持ちの装備があり、なかなか進めない5面でもスイスイと進んでいけます。


 アメ車は(チャーフィーなど一部除き)密林適性持ちが多いので、将来的に米国編成を組ませてみても面白いかもしれません。
(パットンやスパパ等の☆3米戦車をお待ちしております)


 軽戦車の命ともいえる機動面に関しては、スピード特化型の二号戦車に後れを取らず、南軍の騎士と緊急回避で、小型からも避けやすくなっています


 回避もできてバフもかけられて、密林が得意


 派手さはありませんが、堅実に軽戦車としてのやくわりをこなしてくれる、職人キャラになっています。
 

 

M8に関して

※上記は記事作成時の僕のM8。(人格拡張外し済み)
 


 軽戦車としてのスチュアートもそれなりに優秀ですが、M8も負けていません。


 密林適性での5面が得意なことは変わらず、火砲になったことで殲滅役として働けます


 軽戦車としての扱いが難しい場合は、使い分けてみても良いかもしれません。

※詳しいことはまた下で。

●各種技に関して簡単に

【長射程型】

移動形態 移動射撃      
固守形態 広域砲火 制圧砲撃 快速砲撃  


移動射撃(1):通常攻撃(1マス)

広域砲火(2):範囲内の敵に全員攻撃(2~3マス)
制圧砲撃(2・3):範囲内の敵一体に攻撃。
         命中・脅威度をダウンさせる(2~3マス)
快速砲撃(2・5):射程内の敵(全員)に対し強力な攻撃を行う(2~3マス)

※()はAP・CP消費量

 

説明:殲滅能力の高い長射程型。

 火砲の基本ポジションともいえるので、敵を殲滅するこの型で通常は問題ないと思います。


 固有技の快速砲撃は味気ないようにも感じますが、軽火砲とは思えないくらいの火力を叩き出してくれます。(通常技の1.5~2倍弱前後くらい)

 ホッケやアレクトの4マス射程とはまた違った、2~3マスによる高い殲滅力がM8最大の武器ですので、より高難易度の敵(複数)にもダメージを与えることができると思います。

 

【火力型】

 

移動形態 移動射撃 警戒砲撃    
固守形態 陣地砲撃 警戒砲撃 砲撃支援  

 

移動射撃(1):通常攻撃(1マス)
警戒砲撃(1・1):射程内の敵に一度反撃(1~2マス)

陣地砲撃(2):通常攻撃。捕捉済みな相手には強力な攻撃(2~3マス)
警戒砲撃(2・1):射程内の敵に一度反撃(1~3マス)
砲撃支援(2・5):捕捉した敵に射程無視の攻撃(捕捉済みなら射程制限なし)

説明:複数体への攻撃能力の代わりに、迎撃に特化した火力型

 (戦闘機の偵察型による)高空偵察が加わったことで、こちらの火力型の砲撃支援にもより使い道が出てきました。

 したがって、迎撃や4マス以上の長距離攻撃等を狙いたい場合は、こちらの型を使ってみても良いと思います。


 以上をまとめさせていただくと、


オススメは複数体を殲滅できる長射程型」

 ただ火力型の方が実質射程は長く、迎撃能力が火力型にはあるので、どちらも普通に使える型になります。

 基本は長射程で行き、長射程が不利(あるいは明らかに火力型の方が有効なボス面など)の場合は切り替えていくと良いでしょう】

 
 

●使用可能な装備。及び解放されるスキル


【使用可能スキル】

南軍の騎士自身の小隊残存数が3以上の場合、機動をアップ
 →解放条件:性能突破(☆3)により解放。☆5でスキルレベルMaxとなる。


完全武装群・改「独の火砲型DOOLSが2体以上健在な限り、独に所属する全ての火砲型DOOLSの命中をアップ」
 →解放条件:M8の機体改造により解放・強化が可能。



【使用可能な武器】

・武器

75mm M2 75mm M116
反応:46 反応:46
対地火力:164 対地火力:173
貫通:52 貫通:52
命中:32 命中:30
S:軽型特効(陸)  

 
・軽型特効(陸):軽型ユニットに対し対地火力を小アップ。

 

・装備

M8 M8 密林戦仕様
耐久値:141

耐久値:141

機動:55 機動:52
装甲値:69 装甲値:73
  スキル:密林適性


・密林適性:樹海、丘陵、原始密林環境でのマイナス効果を無視する。

 

・弾種

改良型榴弾 改良型榴弾
対地火力:-33 対地火力:-37
弾種ダメージ:69 弾種ダメージ:78
会心率:15 会心率:17
幸運:25 幸運:25
命中:32 命中:30

 

 

●説明

 

 M8最大の魅力は固有技の殲滅力にあります。


 他の代表的星1火砲であるホイシュレッケ・アレクト・グリレ等の固有技が(範囲)1マスなどに対し、M8は2マス


 また固有技の火力が頼もしく(完全武装群のスキルレベルなどにもよりますが)通常の殲滅技よりも1.5~2倍弱程度くらいの火力を誇ります


 密林適性による運動性能も残っていますので、将来的に5-B面以降の手動周回などで大きく活用できないか、現在検証中です。(オートだと(現状)固有技使ってくれないため)


 仮に周回でつかえなかったとしても、2倍近くなる火力は雑魚殲滅の大きな力となるので、攻略用の編成に入れても良いと思います。

●オススメの人格拡張

 ※紹介順は私の思う個人的なオススメ順

 

・火力制圧(緑・紫)【偵察などで入手可能】
 :攻撃を受けたユニット(敵)の火力をダウンさせる(効果は2ターン継続)

 遠距離攻撃が得意な火砲系キャラは、火力制圧により遠距離デバフ要因。すなわち援護役としての効果を持たせることができます。(M8向き)

 ボス戦など、やばい相手の火力を下げたいときは、この基盤を使ってみるといいかもしれません。


 また、円盤の色が緑と紫なので、長所の命中を上げつつ弱点となる貫通、ついでに重撃を上げられます。

 

・勝利の追撃(赤)【偵察などで入手可能】
 :一回の攻撃で一定数の敵小隊残存数を倒した場合に、火力をアップさせる内容。


 火砲特有の殲滅力(複数体攻撃)により効果が発動しやすく、赤円盤の会心で☆5ならかなりとんでもない相手にでも大ダメージを与えることができると思います。(M3・M8両方)

 ただ勝利の追撃は一撃で相手を倒しきってしまうと発動しないようなので、場合によっては向かないかも……。

 

・深淵の悲嘆(紫)【5A-10などで入手可能】
 :敵の小隊残存数が自身より少ない場合、会心を上げてくれる内容。
(テキスト上反対の内容で発動しているため、修正されたら使えなくなるかも)

 スパルタ同様、逆の発動条件となっているので、☆5のM3・M8ともにつけるとものすごい相性がいいです(9/9のため)

 また円盤が紫のため、貫通を上げつつ、重撃もあがります。


 高貫通で会心発動しやすく、会心ダメージがデカいとかいう敵絶対倒すマンみたいなキャラとなってくれます。


・激流(青)【2A-10などで入手可能】
 :装備キャラが健在な限り、地上ユニットの機動を上げてくれる内容。

 無難ですが軽戦車のM3にとっては、普通に強い組み合わせです。

 軽戦車の機動面(回避盾)としての役割を強めたい場合は、相性最高です。(短期的で良いなら戦闘準備でもよい)

 

まとめ


 という事で、スチュアートとM8に関してご説明してきましたが、いかがだったでしょうか。


 軽戦車には二号。火砲にはホッケ・アレクト・グリレと強くて育てやすい☆1キャラが多いですが、育ててあげれば普通に強い存在です。


 特にM8の使いやすさはホッケなどとは違った面も見られたので、(将来的には)☆5にして損はないキャラだと思います。

 

 といったところで今回はここまで。ご一読ありがとうございました。

 

スポンサーリンク