翻訳

HOI4 AAR 福岡の餓狼は天下統一の夢を見るか

ブログランキング参加中 応援お願いします。

中国地方進出と現在の他国の様子

 さて、ここで中国地方から北海道までの状況を簡単にまとめていきます。

 まず四国ですが、大阪が四国全土に宣戦布告し香川県のみが大阪に降伏して傀儡に。

 他3国は現状一致団結して、大阪に対して優勢の様子です。

 中国地方では島根と鳥取が同陣営に(分かりにくい)

 中部では石川と富山、滋賀と福井で戦争が起き、石川が富山を併合。滋賀が福井を傀儡化しております。

 関東ではいつも通りグンマーと千葉が手を組み、北関東(群馬)と南関東(東京)の争いが勃発

 既に埼玉が制圧されています。

 東北では新潟も含め、北の誓いが盤石に同盟国を増やして、関東の様子を見守っている様子です。

 と、このような破天荒な状況の中、まずは中国地方の橋頭保、山口県に拡張していきます。

山口や北海道など、海峡を横断する際の戦い

 海峡横断は非常にややこしいペナルティーで、装甲のバフや場合によっては近接支援さえも通用しにくい場合があります

 そんなところに敵が10個も20個もいられたら、突破はおぞましいほど困難なので、AIの特徴を活かしたおびき寄せが一番効果的です。

 具体的には山口の師団に一定程度福岡領に入ってきてもらい、そこで軍の質を活かして敵師団を突破。

 願わくば追い越し殲滅などしてから、海峡を超すことができれば、もう怖いものは存在しません。

 山口はこの海峡横断作戦で下関を突破し、その後は陸軍の質と数。

 さらには、九州制圧で作る余裕が出てきた空軍を用いて、物量押ししていきます。

遠征に行く際のインフラ問題

 山口を倒し、その後は島根・鳥取に進む福岡軍。

 京都が大阪と戦争状態になり、四国統一戦線に入ったことで関西もあれていきます。

「大阪・(制圧された香川)VS京都(In)・愛媛・高知・徳島」

 まぁ、言わずもがな、勝手につぶしあっといてくれた方が、福岡的には後が楽ですが、このあたりからある問題が浮上してきます。

 それがインフラです。

 都道府県MODで、日本統一などの大きな野望を抱える場合、遠くに行くことになりますので、補給路が次第に悪化していきます。

 とりわけ山間部などはインフラが悪いため、首都近辺もそうですが、首都から最前線までのインフラ設備をしていかないと、ろくに戦えない場合も多いのです。

 工場をより多く建てていきたいところですが、これからどんどん東へと進んでいくので、このあたりから大規模なインフラ建設を始めていきます。

厄介な広島は残して、3方位からたたく

 長崎とも似た理由ですが、広島は都市部にこもられることで苦戦する可能性が高いです。

 そのため、倒しやすい鳥取・島根・岡山を国力で倒した後、西・北・東の方面から一気にたたきつぶすという、堅実なやり方で広島を倒していきます。

 兵力が3方向に分散されることで、1プロビ当たりの師団数も減少。

 =敵が倒しやすくなり、追い越し殲滅等がしやすくなるため、今回は西側から一気に都市部を占領したことで、かなり楽に倒すことができました。

 今回は機動戦ドクトリン+戦場支援を取得しているため、国力が上で相手を引き倒すやり方は、かなり楽になっております。

 それでも戦車が苦手とする都市部などには不安要素があったものの、兵力分散のおかげで苦戦することはなかったと、事前の作戦が上手くいった背景となります。

兵庫を物量押し(空)で倒す

 兵庫県は分裂していない場合、かなり厄介な国へとなる場合があります。

 というのも南部は都市部となっており師団が集中気味なほか、北部は山岳とインフラの悪さで、進撃しにくいという地形と師団数の多さによる厄介さがあるのです。

 そこで今回は、陸軍もそうですが空軍も南部に多く展開。

 初動の立案ボーナスによる火力と、近接支援パワーによる一気に南部を追い越し殲滅し、兵庫の生産力をストップ。

 その後は、少なくなった兵庫師団を山岳部に追い込み、勝利をつかみ取っていきます。

 先にも言ったようインフラを立てながら進んでおりますが、相手の国土のインフラは悪いところも多々ありますので、どうしても敵領土内だと補給が圧迫する場合が出てきます。

 この後は京都と領土が接しましたので、対京都(+四国全土)と大阪、そして中部へとペースアップで攻めていきます。

スポンサーリンク