翻訳

HOI4 AAR ファシ化フランスで駆逐艦200隻

 皆さんこんにちは、ヘルニアです。

 今回はファシ化フランスで、ジューヌ・エコール万歳(Vive la Jeune Ecole)の実績を解除しつつ、フランスを超大国にしていきたいと思います

 手ごたえ的には実績含めて簡単な部類なので、初めてフランスを扱うならファシ化するのがいいかもしれませんね。ということで、早速やっていきましょう。

スポンサーリンク

 

寡黙な勤勉化を確保

 フランスは国民精神である政治的準内戦により、政治力が中々たまりにくい状態にあります。

 そこで、フランスならほぼ最初でとるであろう政府再編の国家精神を取ったあとは、すぐにNFをとらず、寡黙な勤勉家であるガストン・アンリ=エーを雇ってみましょう

 彼がいることで、政治力がまずまずですが増えるようになります
 その分多少ファシ化が遅れますが、そこまで問題ない遅れなので、気にしなくても大丈夫でしょう。むしろ、正当化や国民投票分の政治力を早めに確保しておきたいので、僕はさっさととる場合が多いです。

フランスをファシ化

 寡黙な勤勉化を雇った後は、止めていたNFを再度スタート。ヴェルサイユ条約の破棄→右翼を支援→右翼理論ととっていけば、一日ごとの支持率増加は最高0.3(イベントが起きればもっと)と、ものすごい勢いで上がっていきます。

 遅くとも1937年中ごろには支持率が50を越えるので、そこを目安に政治力100(国民投票分)を維持しておくとスムーズでしょう。
 ただ、共産化系のイベントがランダムで発生するので、多少前後する可能性があることは伝えておきます。

 

ベルギー侵攻

 ファシ化することによって、ドイツの枢軸国に加盟することができますが、今回はまだ加盟せずに進めていきます。

 この先は対英戦を単独で行うことになるんですが、今回は空ていによる上陸(→仏海軍の温存)をしたいので、まずは制空権を取る戦闘機それの生産をする軍需工場をベルギーから前もっていただきたいという事です。(枢軸加盟しないのは国際緊張度を上げないため。別に絶対入ってはいけないという事ではないので、目的に合わせて決断しよう)

 早い段階での正当化ならば、アンシュルス前に宣戦布告可能なので、イギリスに邪魔されたくない場合は、早めに正当化しておきましょう。(国民投票時に150ほど政治力を前もってためておくなど)

 なお、ベルギーはそこそこ陸軍がいますが、この時期にはフランス陸軍のほとんどが充足していると思うので、全陸空軍でごり押せば問題なく勝てるでしょう。

インドネシア(オランダ侵攻)

 さてお次はインドネシアに正当化してついでに連合戦を行おうと思ったんですが、イギリスが独立保証したにも関わらず、相手側に参戦してきません……。
 それどころか、オランダとインドネシアは連合入りしてこなかったので、ベルギー同様全軍突撃していたら勝利。(講和会議発生)

 正当化したのがアジア圏のインドネシアだったからか、同時期にズデーテンの問題が発生していたからなのかわかりませんが、あっけなく両国を手に入れてしまいました。

 これにより、工場数も資源もトップレベルに強くなり、思い切って対英戦に望めそうです。

 

スイス侵攻(連合戦)

 次はスイスに正当化、侵攻していきますが、流石に今回はイギリスが割り込んできました。
 もちろん準備は万端だったので、宣戦布告直後に、フランス空てい師団10個がイギリスの海軍基地に降下し始めます

 少々ずるい手ではあるんですが、宣戦布告直後は敵AIは戦闘機を出していないことが多いので、あらかじめ戦闘機に制空任務などを与えておけば、最速で空ていしてくれます。(むろん、今のフランスの国力と空軍なら、イギリス空軍と対等に渡り合うくらいの力はあるのだが)

 空軍の上陸が成功したら、後は増援となる師団を30個前後ブリテン島に送れれば勝ちでしょう。この時、イギリスはフランス植民地となる国境部に師団を大量展開(アフリカなど)していたので、ブリテン島はスカスカ。

 途中ルクセンブルクこそついでに侵攻しましたが、その後は正当化する国も時間もなく、あっさりイギリス陥落で終了です。

 ただこの時、あまりにちんたらしているとイギリスに補給を送る輸送船を狙われてグダグダになります。
 イギリス上陸したら、敵が立て直す前に一気に勝負を付けちゃいましょう

▽連合戦後

 イギリスのアフリカ以外の植民地はほぼ併合。イギリスとインドは傀儡化し、オーストラリアやマラヤなどは適当にインドネシアと分割。

枢軸加盟からのシャム侵攻

 さぁ、いくらファシ化したとはいえ、枢軸に加盟しないとドイツは遠慮なくこちらに攻めてきます。
 ドイツとの戦闘を避けるため、枢軸に加盟してぬくぬくと領土を広げていきましょう。

 まずはマラヤとインドシナを結ぶタイ(シャム)を攻略するため正当化。
 すると、カナダが独立保証してくるので、ついでに倒していきます。

中東・イベリア、その他もろもろに侵攻。

 ファシズム国家は、大国(今回の場合カナダ)と戦争中での正当化が8割カットされるというとんでもなく拡張向けの性質を持っています。
 (それに加えてファシ化フランスは、正当化時間が国民精神によってさらに短縮される。人的資源こそ少ないが、立地上ドイツより狂犬プレイができる恐ろしい国だ)

 今回はそれを利用し、スペインやポルトガル、イラク、イラン、トルコなど、今のうちに併合できそうな中立国を片っ端から手に入れてきます。

 途中、枢軸陣営がユーゴスラビアに宣戦布告し、枢軸国VS残党連合国の構図での戦争に。しかし、フランス単独で戦争していた時期が長かった分貢献度はうちが断トツで高く、戦後、東欧以外のほとんどをフランスとその傀儡が併合

 既にドイツを越えた資源と工業力になっていきます。

イギリス併合(海軍数が400近くに)

 今回は実績を解除するため、駆逐艦150隻と最上位の魚雷研究を1944年以内に行わなければいけません
 一から作っても、今の工業力なら十分150に届きそうですが、海軍増強は傀儡国からパクるのが一番です

 という事で、イギリスの自治度を低下させ、一度併合してしまいます。(ブリテン島の管理は面倒なので、その後再び傀儡化で解放)

 イギリスを併合したことにより全てのロイヤルネイビーはフランス海軍に編入され、総数400隻近くの大海軍国家に変貌いたします。
 ※なお、駆逐艦の数はこの時、276隻。ちょっと頑張れば目標の2倍に届いてしまいそうだ。

日本が攻めてこないので、こちらから行く。

 実績を解除するには、英海軍を手に入れて、後は最終魚雷を研究するだけですが、せっかくなんで英仏連合艦隊を日本にぶつけてみることに。

 本当は戦争協力度が下がるのでこちらから殴りたくなかったのですが、日本は先にアメリカと戦争しており、枢軸まで敵に回して来ないので、仕方なくこちらから宣戦布告。

 圧倒的海軍数で日本の連合艦隊をぼこぼこにしていきます
 なお、海軍の編成ですが、潜水艦(約100隻)は通商破壊に充てて、腐るほど余る駆逐艦の一部は護衛艦隊にして輸送船を守り、残りは大規模な艦隊(60隻程×3~4に)。

 哨戒艦隊なんて面倒なものは作らず、複数の打撃部隊のごり押し通商破壊で敵海軍をまるごと粉砕します。

圧倒的海軍数で粉砕。

 このように、敵に輸送船がいる状態で戦闘すれば、遮蔽が駄々下がりになって、魚雷がボコすか当たります

 海上艦による通商破壊は、このように有利を作れる場合があるので、試してみてもいいでしょう。(というより、大規模な海軍があるならこれが一番楽(言わずもがな、燃料消費はかなりエグイが……))

長崎に上陸

 日本の海軍を粉末にするまで倒した後は、いよいよ本土に上陸していきましょう。

 この時大事になるのは陸軍の編成と空軍アシストで、とりわけ陸軍は装甲付きの中・重戦車関係の大隊を組み込んでいきましょう。

 イギリスと違って、この時期の日本は本土にかなりの師団がいるので、敵の連続攻撃に耐えられる装甲が少しでもないと厳しい場合があります。
 また上陸師団には必ず海兵を混ぜ上陸時のペナルティーを軽減しておきましょう(そうじゃないと基本長崎などには上陸できないため)

 九州を確保した後は四国と中国地方を通って、関西を通過すればもう勝ち確ラインでしょう。

 進みが悪いようなら、上陸した日本の土地に航空基地(+可能ならレーダー)を建てて、戦闘機を大規模展開できるようにしておきましょう

戦後(まとめ)

 という事で(外交がイギリスになっているが)、対日戦もフランス中心で事が運び、中国の大部分と日本は我が傀儡国となってもらいました。人的資源問題も解決されて、やろうと思えば独伊やアメリカとも戦えそうです

 また対日戦中、最後の魚雷となる、現代型魚雷(略)が研究完了
 そういう実績だと分かっていたとはいえ、あっけなく実績解除です。

 連合と日本、そして大部分の中立国を併合した結果。工業力は555。傀儡となっているイギリス、日本、インド、インドネシアなどをあわせれば、850もの工業力となり、ソ連を手に入れたドイツと世界を二分する存在(≒超大国)になれたと思います。

 先にも述べたよう、ファシ化フランスは比較的やりやすく、フランスを初めて扱うならこのルートが一番いいと思います。なにより、ドイツとの戦争を回避できるのが、楽ですからね。

 といったところで、今回はここまで。ご一読ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無し より:

    傀儡国に正当化すると傀儡国に独立保証がかかります
    その場合何故か独立保証した国は介入できないようです
    国際緊張度の上げ幅を減らし、介入を防ぎつつ、政治力を浪費させる強力な技です
    どの国でも初手フランスしたあとにオランダはおやつ感覚で召し上がれます

    • ヘルニア より:

      なるほど、そんな仕組みがあったんですね。
      原因がわかっていない分、使いこなすと中々エグイ手になりそうですね。

      • 名無し より:

        ソ連で初手ベルギー併合したあとにフランスの介入を防ぎたいならマラヤに正当化するなどの手もあります

  2. 名無し より:

    フランス植民地と蘭印から戦略爆撃機を飛ばせば全自治領を講和会議に呼び出せます
    そのあとキューバあたりに宣戦すれば、カナダからアメリカ攻略が可能になります