翻訳

PC版Mindustry ご紹介プレイ

 皆さんこんにちは、ヘルニアです。

 今回はMindustryという、Steamの最新ゲームをご紹介していきます。

 2019/9/30時点では25%Offの465円(元620円)で買えるので、気になった方はプレイしてみてください。
 (なお、個人的には500円以上の価値は間違いなくあると思っています)

スポンサーリンク

基地防衛系の、資源採集戦略ゲー

 Mindustryは資源を戦略的に採集するゲームです。
 しかも、ただ採集するだけではなく時折襲ってくる敵を追い払いながら、集めなければなりません。

 プレイヤーは真ん中の虫みたいな機体を操作し、銅や鉛などの資源を採取。

 上記画像ではWASDの移動とクリック操作による手動採取を行っていますが、この手のゲームによくある自動採掘機(機械ドリル)とコンベアで、自動採取が可能です。

 その集めた銅などを使い、デュオという防衛施設を建てたり、壁を作って敵の侵攻を遅らせたりすることができます。

 敵はMapの奥側(少なくとも一面は)から一定時間ごとに襲ってくるので、どのように攻撃を防衛するかというのも楽しみの一つになってきますね。

 もちろん、コンベアやその他の接続器(ジャンクション等)を頭使って接続することも楽しさの一つであり、長い距離をつなげられた時はもう快感です。

 

 

 しかし、僕が一番面白いなと思ったのが、資源を一定量集めたら一度帰ることができ、また同じマップを新たにやり始めることができること。

 例えば、「コア(首都)周辺の作りが下手くそだったため、作り直すの面倒くさいな。つまんないからやめようかな~」ってパターンがあります。
 最初はだれもが初心者ですから、いきなり効率的な配置は無理に等しいです。

 ですがこのゲームでは、資源を一度持って帰還した後は、きれいさっぱりコンベア等が取り払われます
 ということは前回の失敗を反省して、次はこういう配置にしてみよう」という事が容易にできます。 
 だから億劫な作り直しは、ほとんど無いに等しいのです。(面倒になったらきりの良いところで帰還すればよいから)

 そのシステムにより、とてもストレスなくゲームを進められるのが、このゲームの良いところだと思っています。

 

頭の悪い防衛方法。奥側からくる敵を撃退する基地のようなものを作ることもできる。

(当たり前だが敵は来るたびに数が増え、場合によっては強化されていく。より長い時間採取したいときは、より強固な防衛設備の設置が求められる)

持ち帰った資源で新設備の開放

 さて、持ち帰った資源は新しい設置物の開放に使うことができます

 

 より速いベルトコンベア。発電機によるさらなる便利な機械の使用など、やれそうなことは様々です。(ぼくもまだまだ全てには触れておらず、いずれ使い方をまとめていきたい)

 なお、このゲームにはいくつかMapがありまして、場所によって採取できる鉱石が違ってきます

 より高度な機械を開放するには、より難しいマップで新鉱石を取得していく必要があるんですね。

 

ありそうな疑問

 このゲーム。少しだけ操作に癖があるので、序盤でつっかえそうなところにQ&A形式で答えていきます。

Q:ベルトコンベアを曲げるにはどうしたらよいの?
Aベルトコンベアを「─┐」のように曲げるには、一度まっすぐ引いた後、先頭のベルトコンベアをクリックしながら右・あるいは左にマウスを動かして離しましょう。こうすることで、直角にベルトコンベアの進行方向を変えることができます。
 なお、T字路(左右両方)や三方向(前と左右)のように分けたいといった場合は、ルーターというものを使う必要があります。比較的早くに手に入るので、優先して開放すると便利でしょう。
 「コントロールキーおしっぱで斜め(ジグザグ)にコンベア設置可能です。上手く使いこなしましょう」


Q:右側の生産一覧の表示が消えちゃった。ものが設置できない。どう直せばいい?
A:Cキーを押すことで、生産画面を消したり、また付けたりすることができます。戦闘に集中したいときなどは消しておくと戦いやすいかもしれません。


Q:ジャンクションの使い方は?
A:下記画像のように、コンベア同士がぶつかる場合、その方向に物を運び続けるために使います。
 例えば北から南(コア側)に鉛を送るコンベアと、東から西(防衛施設側)に銅を送るコンベアがぶつかったとします。
 上手く土地があり避けられればOKですが、どうしてもぶつかってしまう場合などにこのジャンクションを用いましょう
 なお、このゲームは「上書きされた方が強くなります」先にジャンクションを設置してそのあとベルトコンベアを上書きのように設置すると消滅するので注意しましょう。



Q:物資が詰まっちゃった。何が原因?
A:ベルトコンベア等の配線が間違っているか、既にコアがいっぱいでつまっている可能性があります。
 本拠地が回収できる資源は無限じゃないので、敵と戦う理由がなければ早めに切り上げてしまうのが効率的かもしれません。

Q:防衛施設のデュオを置いたけど、機能しない。なんで?
A:このデュオはプレイヤーが扱う虫のように、敵が来たら自動的に「弾」をぶっ放してくれます。
  ただその弾を作るのに銅が必要であり、ベルトコンベアなどで運んであげないといけません。
  このゲームの配線が難しいのは、こういった防衛設備などにも資材を運ぶ必要があるからです。
 (その配線をサポートしてくれるのが、上記で紹介したジャンクションやルーターなど)

まとめ

 ということでMindustryをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

 正直僕はこの手のゲームをやりたいやりたいと思いつつ、初めて手を付けたので現在は楽しくプレイ中です。

 500円程度手の出しやすい値段で、やり込もうと思えばかなりやりこめるげーむなので、最近やるゲームないなぁ、なんて方にはお勧めです。

 Mindustryの購入ページURLを貼っておくので『動画』で見たい! とかもっと違った(ゲーム後半の)画像を見てみたい! って方はご利用ください。
 →Mindustry購入ページ

 といったところで、今回はここまで。ご一読ありがとうございました。

スポンサーリンク